SSブログ

チェーン伸び率測定 [自転車]

9月2日 RSS がおよそ1000kmを越えたのでチェーンの伸び率を測定してみた。
チェーンはCN-HG71。

ノギスをチェーンに当てて、
ローラーの外径   7.6mm ・・・思いのほか小さいがCN-6800も同じ
ローラー間外寸法 19.8mm
ローラー間内寸法  5.6mm
これで計算すると、
チェーンのピッチ 12.7mm (規格のとおり)
ローラーのガタ   0.5mm (±0.25mm) ・・・新品は0.4mmだった
となる。

次に、ローラ間寸法を10リンク分で測定すると、
ローラ間寸法(10リンク分)  120.0mm
この10リンク分にローラーの外径を加えてローラーのガタを差引くと、
チェーン10コマ分の軸間寸法 127.1mm
規格に従ったチェーン10コマ分の寸法は 127.0mm だから、
チェーン伸び率は0.08%
となった。

仮に伸び率0.5%を限度とすれば、あと5,000kmほど使えることになるが・・・メンテナンス次第か・・・。

独白:それにしても自転車用の“チェーンチェッカー”なるゲージはローラーのガタ分をどうしているのだろうか?
例えば使用限度の伸び率1.0%としたときの伸びは10コマ分で1.27mmなるが、仮にこのうちの0.4mmがローラーのガタだとしたら、実質伸びは0.87mm伸び率0.68%ということになるが・・・ローラーの外径とガタ分はどう見込んでいるのかなぁ・・・。

追補:SHIMANO(シマノ) TL-CN42 チェーン伸びチェッカー はローラー外径及びガタに配慮した伸びのチェックができるようです。さすがです。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。